忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とある飛空士への夜想曲(上)(犬村小六/ガガガ文庫)



『とある飛空士への追憶』のスピンオフ作品。『追憶』でシャルルの敵として立ちはだかった帝政天ツ上のエースパイロット・千々石のお話。

早くに両親を亡くし炭鉱の島で鉱夫として働く少年時代の千々石と、天ツ上-レヴァームのハーフであり歌手を目指す少女・ユキの出会いから、ふたりがそれぞれ海軍のエースパイロット/歌姫になっての再開、そして天ツ上とレヴァームの戦争が激化、というのが上巻の展開です。
相変わらずコメディパートがちょっと気になるけど(わざとらしいというか子供っぽすぎるというか。ラノベなのでしょうがないのかな~)、『恋歌』の1~2巻で感じたような不安は覚えなくてすみました。

シャルルがレヴァーム側のベスタドだったのに対し、今度は天ツ上側のベスタドの子が登場です。境界上に生まれた子は、両方のコミュニティに帰属できるのではなく、両方から爪弾きにされるのだな、って思います(自分が書いている話でもそうだけど)。
戦火が激しくなっていく中で、皆の憧れである国民的歌姫が憎き敵国との混血だと露見した時、民衆はどうするのかな。レヴァーム的要素である金髪をわざわざ黒髪に染めてるってことは、続巻ではその辺りも絡んでくるんじゃないかなーと推測。

そういや『追憶』の時は、そんなに日米臭はしてなかったと思うんですが(天ツ上が日本ってのはありありとわかるけど、レヴァームはそんなにアメリカじゃなかったような。民主主義というより王政のある国だからかな)、『夜想曲』では明らかに太平洋戦争を意識してるのだな、という感じ。登場人物のネーミングとか。ということは『追憶』は日本軍が進駐してきた南太平洋の島からアメリカ本土まで翔破する話だったのか。あと、犬村さんはよっぽど坂井三郎が好きなんだなあ……と坂井さんの『大空のサムライ』を読んだ後だと思う。『追憶』の時にも言われてたけどね。

ともあれ、今続きが気になるラノベNo.1です。下巻は9月だっけ?海猫vs千々石再びが早く読みたい。犬村さんのツイッターによると下巻は壮絶らしいので!


『追憶』の映画も楽しみだなあ。10月公開らしい。キャラデザの違いが気になるけど、断髪前のファナは映画の方が「美人」という感じ(挿絵も漫画版も、どう考えても「可愛い」だったからね)。でも断髪後は小説の表紙のファナが一番いいなあ。
声が声優さんじゃなくて俳優さんだけど(シャルルが神木君とか)、どうなるんだろ……。吹替えとか、俳優さんがやる場合が多くなっているけど、ちゃんと声優さんにやってほしい派です。

それから『追憶』の単行本をどうしようか悩む……加筆……加筆かあ。わたしの中ではあれで完成してるからなあ。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール

HN:
あおい
自己紹介:
ねこと読書がすき。

ブログ内検索