忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風が強く吹いている(三浦しをん/新潮文庫)



三浦しをんが面白いよ、とおすすめされたので(エッセイがおもしろいという話だったんだけど)、映画化もされて有名そうなこれから手にとってみました。初・三浦しをん。

簡単に言えば、ほとんどが陸上素人な10人で箱根駅伝を目指す話です。文章も読みやすくてすらすらっと進みます。素人が1年で箱根に出られるなんてうまくいきすぎーっていうのはあるけど本の中でくらい夢見たっていいじゃないか。っていうか主眼はそこじゃないと思う。
自分はスポーツとか皆でひとつのことをやるとか、そういうのとは無縁の青春を送ったので、ちょっと憧れるところがありました。ひとりで黙々と文章とか書いてると、途中で苦しくて諦めそうになるもん。励ましあったり、誰かのことを思って襷を繋いだり、そういうのはいいなあ。でもどれだけ仲間がいても長距離走っている時はひとりだから、そういうのは文を書くのに似ているかもしれない。見えない遠いゴールに向かって一歩一歩進んでいかなきゃいけない。そういうことを考えてたら色々読んでる途中で泣いちゃった。

映画版を来月WOWOWでやるみたいなので、見ようと思います。遣都出てるし!あのこのきらきらしたところは走にぴったりだと思います。
走がほんとバッテリーの巧と被るなあ。それぞれ野球と陸上に一途過ぎて生きるのに不器用なの。でも仲間ができて変わっていくの。


あと、三浦しをんがBL好き、という話を聞いていたので、「あれっ?もしかしてそういう風に読むのが正解なのかな?」とところどころ思ったよ(笑)

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
あおい
自己紹介:
ねこと読書がすき。

ブログ内検索