忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とある飛空士への追憶(2011年/日本)

お気に入りのラノベの映画版をお友達と観に行ってきました!限定盤の前売りまで買ってもらっちゃった!ありがとうございます!

下層階級出身の混血の飛空士と次期皇妃となる公爵令嬢の、1万2000キロの旅と、空戦と、身分違いの恋の物語。
説明不足とかカットされたシーンはあるけど、原作のストーリーを大幅に変えることなくほぼそのまま映画にしてくれていて、すごい嬉しかった!変にアレンジして、それがいい方向に進めばいいんだけど(例えば福井晴敏作品の映画版ラストは原作よりすっきりしていて好きだ)、大体の場合は、原作読了済の人間にとっては改悪としか考えられないものになるので……。

デル・モラル邸襲撃のシーンとかかっこよかったね!シャルルの「……ごめん」のシーンが好きだなあ。空雷をぎりぎりまで引き付けて敵艦隊にぶつけるところ。墜ちていく人とかね。あと、サンタ・クルスのダンスのシーン、と砂金を撒くシーン。空戦と、ラストはほんと動いてくれてうれしい!という感じ。文章だけでも想像できるけど、やっぱり戦闘シーンは特に動いてるところを大画面で見たいものだ。
あ、そんなミリオタではないしファンタジーだと思ってるんで実際あんな動きはおかしいとかそういうのは気にしてません!そんな至近距離で艦隊同士撃ち合ったりしたら大変なことになるとは思うけど!


難を言うなら、シャルルとファナがサン・マルティリアを出発する時に、囮として敵基地に総攻撃をかけた人たちの描写がちょっとでもあればよかったんだけどなあ……。
あと、ファナが引鉄を引きシーンは、原作の小さく名前を呼ぶ方がよかったな!あそこはファナがサンタ・クルスの機動についていけてて、ちゃんと眼を見開けていることの理由を、ちょっとモノローグで入れてくれた方がよかったかもしれない。シャルルも、ファナがとっくに気絶してると思ってたわけだし。

あと声は……まあ神木君はまだ我慢できたけどファナ役の子は……舌足らずというか、公爵令嬢っぽさが全然ない……。最初のうちは、ファナも感情を押し殺しているので棒でも合わなくないかな、っていう感じだったんですが。やっぱりここはちゃんと声で変化を演技出来る声優さんにしてほしかった!声に俳優を持ってくることで一般向けに振ったのかとも思うけど(原作も一般向けで出たし)、それは多分失敗している……。もうターゲット層が行方不明!それならもうヲタク層向けにすればよかったと思うの!カルロ皇子に小野Dとかヨアキンに浪川さんとか使ってる場合じゃないと思うの!

声だけもうちょっとよかったら、DVDとかBD出たらほしいんだけど……ちょっと悩むところです。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
あおい
自己紹介:
ねこと読書がすき。

ブログ内検索